読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の園に関連する小説

「小坪物語」(初出昭和9年)

大地の園では比企研吉(村治のよく使う二つ名)が書いた小説という位置づけで触れられている。

「支流を集めて」(初出昭和12年)

地方から集められ製糸工場で働くことになった工女たちの工場への道行きが書かれた小説。行き先の製糸工場が「丸川製糸工場」

「春の門」(昭和17年初版発行)

小説家・比企研吉の一人息子城太郎(村治の実の息子と同名)の中学受験に纏わる話。久仁子のその後の記述あり。研吉の妻の翠は川越の女学校出身。満里?

「落日の賦」(昭和57年)

年老いて再開する保(ここでも比企研吉)とふゆ子を描いた短編。研吉はこれから「天の園」を書くために昔の友人にあって話を聞いている(この短編は実際には天の園の後に書かれている)という体裁。

「原罪歌の人」(初出昭和62年)

大地の園に登場した丸川信夫(本名・石川信夫)について書かれた短編。