読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演算子

maxima

'

シングルクォート演算子 'は評価を抑制する。

シンボル シンボルが評価されない。
関数コール 関数の引数は(抑制されない限り)評価される、関数コールは評価されない。 結果は関数コールの名詞形。
括弧でくくられた式 式の中のすべてのシンボルと関数コールは評価されない。 例えば、 '(f(x))は式 f(x)を評価しないことを意味する。 'f(x)(f(x)ではなく fへ適用されたシングルクォート)は [x]に適用された fの名詞形を返す。

シングルクォートは式整理を抑制しません。

:

割り当て演算子

左辺が(添字のない)単純変数 右辺を評価しその値を左辺に関連づける。
左辺がリストや行列、既に宣言されたMaxima配列、Lisp配列といった添字付の要素 右辺がその要素に割り当てられる。添字は既存の要素を示していなければならなず、左辺を拡張することは出来ない。
左辺が未宣言のMaxima配列の添字指定された要素 既存のものなら右辺はその要素に割り当てられ、もしまだ存在していなければ新しい要素が確保される。
左辺が単純変数または添字あり変数のリスト 右辺は必ずリストとして評価され、右辺の要素が左辺の要素に並列に割り当てられる。

killやremvalueにより左辺とその値のリンクを解消できる。